So-net無料ブログ作成

芸術論争では無い・・・ [写真力]

色々話題になっている。。。
どの事か?言わずと知れずであ~る
公然わいせつで家宅捜査。。。

路上で撮影許可無しだから!?
文字通りお上の言う事にな~る。

芸術論争では無い。。。

世間では、撮った場所が・・・問題なのであろう。
もちろん人の敷地で勝手に撮る=駄目である。。。

今回皆が言う不謹慎な場所・・・・だから?話題・・

そこでは何故?今更!なのか。。。

公然わいせつで家宅捜査であ~る=そんな事は、後付けである。

基準は有名写真家だからか?一番の見せしめ?
お上の判断基準でだめなのか。。。

写真家が撮る写真がセンセーショナルそれをお客が!
求めいたのでないだろうか!?

事実こんな物が写っている!場所が?と。。。
当初は指し止めになっていないのだから?

今回の事を見過ごせば!?もう路上ヌードは、公然わいせつならば!?

日本では、誰も撮れなくなる!

度胸のあるカメラマンか!常識の無いカメラマンだけだろう?・・・


メリケンの近代美術館には!
裸でニューヨークの路上を掃除している写真があ~る。

たとえばグラビアカメラマンであ~る。
多分ほとんどのカメラマンは海辺でヌードの一つ位の撮影経験があるはずだ~ !

何故?疑問に思わないのか?・・・

田舎町で人がいないのを確認すればいいのか?
海外で撮って日本で発表ならばいいのか?

全盛期のアイドルがヌードになった~
未成年が被写体だ!発売時が18歳だから・・
児童ポルノ禁止法・・・に引っかったのか?
その当時は、図書館にも置かれたと聞く。。。。
200万部近く売れた!買った人達は、文句を言っただろうか?
処分をするべきなのだろうか?したのだろうか?

路上で撮影・・・真似する物がいるから?

テレビのドラマで車の運転シーンはシートベルトを着用している。。。。
公共の電波では運転シーンは視聴者がみてるから!
テレビだから特別は許されないそんな感じだ。。。

視聴者を不愉快に差せては、いけないから?

テレビで殺人シーンはどうなのか?
風呂場で、水死したら水道局が訴えられるのか?

夜道歩いた女の子が刺された・・・ そんな服装で夜道を歩いた女の子の方が悪いのか!?
世間の風評では、その子の普段の行動に疑問をがある見たいな事までほじくる。

絶対的に刺した方が悪いに決まっている。。。。
結果論と途中論が、交差して反応のある方が大きく報じれれる。。。

見る選択・買う選択・R指定。。。

テレビ局の言葉で視聴者は、我々一人一人個人である。

今やBlogなど個人発信が出来るが常識論で会話 して。。。
皆コメンテーターみたいな?言葉に摩り替わっていないか?

いつから読者は、見る側の立場に温存する事になったのか?
勝手に読者が見たから?。。。勝手にカメラマンが見せたから?

「我々読者が不愉快な思いをした。。。」・・・・ではな~い。
不愉快した人は本を買って見て判断してした人だ!。

もちろん子供の目に触れない程度の規制は、必要だろう。。。

逆にAVみたいに 野放しなってていいのか!?

皆個人の判断である。。。。お客が判断する事である。

カメラマン達はこんな絵を撮るんだ~!!!!
それに読者は見て代価をはらったはずだぁ~!!!
カメラマンは、ギャラをもらったはずだ~!!!!

納得してカメラマンがシャッターを切ったのではないか!?

大人しい読者でいいのか?
そしてなにより大人しいカメラマンでいいのか!であ~る!!!

確信犯であ~る。。。

 

 


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 3

T-T.N

社会が本当の意味で「健全」であるためには、
時には既成秩序への「揺さぶり」が起らなければなりません。
既成の秩序が維持されるだけで、
善し悪しを問はず何の変化も変革も起きない社会は
確実に停滞し、人の思考と行動を腑抜けにさせ、
そしてやがて朽ちて消えてゆくでせう(かつてのソ連のやうに)。

違法は違法でせう。
しかし、ある種の違法行為の中には
時に社会を活性化させるエネルギーがつまつてゐるのだといふことを
われわれは歴史から学んできました。

しかし、現状こそを最善とみなす意識には
現状を覆ふ殻が見えてゐません。
この殻が、この不自由さが、この規制が打破された先には、
もしかしたら、今よりもより活性化した世界があるのかも知れない。
すべての表現者は、心のどこかにそんな思ひを大切に抱へてゐる。
だから時にはあへて世の秩序や常識に反旗を翻す。
翻した結果生じる出来事への責任は自らが負ふ覚悟で。
……私はさう思つてゐます。

今回の「家宅捜索」の件、
「藝術か猥褻か」といふ不毛な二元論は無視すればよいのですが、
しかし一方で、「成熟した消費社会における藝術家とは何か」といふ問題は
大いに論ずる必要があると思ひます。

法解釈上、勝ち目はないやうに思ひますが、
しかし、それを超えた次元での勝利を、ぜひとも掴みとつてもらひたいものです。
いや、勝たなければなりません。

妄言多謝。
by T-T.N (2009-11-14 05:26) 

ayami

土屋先生

明日の先生方のトークショーを見るため大阪から来ました。
このニュースを見た時、驚きと共に、土屋先生はどのようなコメントをされるのだろう?と気になっていました。。

話は変わりますが…
大阪を発つ直前にあるギャラリー関係の方と、この件について話した中で驚いたのが、
「大阪では何の問題もなくフツーにやっている写真展でも、『過激』とみなされるものは東京のギャラリーでは敬遠され、自由に発表できる機会&場所が少ない」
という事。(立派な賞を取った作品でさえ…)
そのギャラリーで行われる『過激』な企画展の中には、東京で発表する機会がなさそうな作品を、東京在住の作家さんがたくさん持ち込むそうです。

…本題に戻ります。
『公然わいせつ』という言葉の定義は?
あくまで(その行為により)公衆に迷惑をかける事が前提で。。
今回はあくまで『芸術作品』を作るためだけに(しかも一瞬だけ)行われた行為。
法律解釈としてどうか…以前に、ただ法律の字面だけで中身のない取り締まりがされる事を、またそのような社会である事が、残念で。。

素人考えではありますが、つくづくそう思いました。

by ayami (2009-11-14 10:01) 

kiyo

思うに、某与党は、世の中を、真水に、いや、純水(超純水)に変えようとしているのでしょうか?
淀んだ水では、魚は生きていけませんが、何の微生物もいないような真水では、魚は直ぐ死んでしまいます。
汚い世の中は、嫌ですが、キレイすぎる(キレイ事過ぎる)世の中も、住みにくくてしょうがありません。

最近、キレイキレイと叫ばれていて、江戸時代の腐敗政治の一層に、贅沢禁止令がだされたような違和感を感じます。

グレーゾーンは、グレーゾーンのままにして、そういった問題は、現行犯だけに限定して欲しいと思います。

by kiyo (2009-11-14 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0