So-net無料ブログ作成

「残像が見える写し屋」 [勇き光の写真家]

写し屋は、おもむろに飛んだ!!!

彼の若さが、成せる技なのだろうか。。。

は、「目蓋を閉じると残像が、見えると」昔、私に言った。

「彼が、私に残像を見たいですか?」と問うが如く徐に飛んだ。

決して起用では、無い彼が、言って起こした行動だ。。。

一度カメラを構えれば人が変わる。。。

彼の若さ溢れる行動力と実行力が、彼の写真なのだ!2.jpg 
彼が、写す行為!写った写真!が、物語るのだ!!!

説明も解説も言い訳もいらない写真で語るだけだ。。。

それが、「写真語」だ!それは。。。

彼が、私に写真語で語りかけた。。。瞬間だったのだ!

そういえば、写し屋は,写真語で、会話していた人種なのだった。

この若き自由快活な青年も又伝説の「写真戦士」と確信した!

十人目の「写し屋」その名は、「清水哲朗」彼だった。

彼も又「写真戦士たち」の一人だとだと。確信した!

伝説の「写真戦士」探しの旅に出て!。。。十人達と出会った物語。


 

※「写し屋は、こう出来上がったデ、全データー公開中! 
P86~P87掲載分 

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/03/19
  • メディア: 雑誌

 


写真戦士たち求める旅。。。
  
壮大なシリーズ・・・只今連載中!!!

・完結まで何人にと出会えるか。。。只今「十人の写し屋

デジ侍写活日誌」にてCAPA4月号「写し屋の肖像」の写真が。

写し屋は、こう出来上がった」で、今回の全データー付き見れます!

TOPは、写し屋シリーズ4枚中!


 

清水哲朗 写真展
『BORDER~中国・国境線を行く~』

期間2008年4月10日(木)~4月16日(水)
時間午前10:00~午後6:00
(最終日 午後3:00まで)

[ 日曜・祝日休館 ]

mr_shimizu0804.jpg

【清水哲朗ギャラリートーク 開催】

4月12日(土) 午前11:00~

会場:オリンパスギャラリー東京
参加費:無料
お申込み・お問い合わせ:
オリンパスギャラリー事務局
TEL:03-3292-1934(先着各30名/要予約)

写真語が、聞けるぞ!!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(4) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4