So-net無料ブログ作成
検索選択
勇き光の写真家 ブログトップ

写し屋は、夜さまよう。。。 [勇き光の写真家]

今度の写し屋は、夜さまようと噂を聞く。。。14人目の写し屋の肖像は、誰だ!
歴代の写し屋達

凄腕の術を使うらしい。。。勇き光の写真家(13)
勇き光りの写真戦士 (勇き=たけき)光りの写真戦士探しの旅再び。。。

その男夜さまようとの噂有り!日本全国神出鬼没。。。
手がかりは、レールに有るとの風の便りを元に北に向かう。
0V4H0740.jpg
今は、豪雪の地にいると情報を得旅立った。今度の写し屋は、どんな術を使うのだろう。。。

夜目を持つと言う。。。

今まで色んな術を使った写真戦士たちがいた。
写真間力の使い手!森と同化する使い手!一瞬を一生に変える使い手!
光りの声を聞く使い手!残像が見える使い手!写し屋のプライド!
突破力を持つ男! 写し屋は、光の運を持つ!
沢山の使い手の術を目の当たりにしてきた。。。

今度の使い手は、夜の目を持つと言う。。。

勇き光りの写真戦士探しはただ会いに行く訳では無い・・・
その術を披露して貰う。。。
今回の手がかりは、レールである線路を辿れば必ずいる!

しかし日本全国の線路どこに!?。。。。豪雪地に入るとの私の情報網に入った!
IMG_8354.jpg
北に向かったが。。。雪は腰まで有り。そうやすやすとは、出会えないのがこの旅である
夜目を持つと言えども昼間も活動する!

この笑顔が、彼の武器なのかもしれない。。。夜目の術だけでは無いとも聞く!

人なっこい笑顔といたずらっ子の様な微笑みながらで窓ガラス越しを覗き込きこむ。0V4H1549.jpg
彼が鉄道写真を人物の様に撮るその術を、もしかして。。。。あの術か!
今度の写真戦士・写し屋は、どんな使い手!?ますます興味が湧く。。。、、

あそこに日向ぼっこをしているのが伝説の写真家なのか?

青春ドラマにワンシー出てくる様な風情だ。。。

0V4H1588.jpg
もしかして・・・その甘いマスクは、噂の夜目を持つ使い手とは、程遠い。。。
彼の最大の武器は、この人なっこい笑顔なのかもしれない。。。



やはりそうだ!彼が14人目の「勇き光りの写真戦士」写し屋、山崎友也だ!



201103.jpgCAPA3月号「写し屋の肖像」

絶賛発売中写し屋ファンお待たせいたしました!
今月号のCAPAは、後ろから見るべし。。。



1:55
2:01
2」18
2:48


nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:仕事

写し屋は、森の番人。。。 [勇き光の写真家]

勇き光りの写真戦士 探しの旅に出た。。。

その男は、田舎の森いると聞いた。。。

そう彼は森の番人でもある。。。

彼は、森の中でいつも一人でいるのだろうか?

「このブナは、去年から随分成長したなぁ。。。」と呟く

只ひたすらも森の中で、上を見上げて木々の成長を見守っている。
M_1521.jpg

その神経質の彼の・目線・仕草は、彼の繊細な性格を表している。。。

彼のその繊細差とそのがんこなまでのこだわりが、彼の写真だぁ~!

彼の写真は、シャッターを切る事で森を守る。

そのシャッター音は、祈りの如く森の中に響く。。。

彼がシャッターを切る事が、自然を守る事なのだ!

そんな写真術を持つ男が、今回の写し屋だぁ!!!!!!!


 

人気ブログランキングへ

続きを読むをGO!GO!クリック!


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:blog

瞳の輝きを知る写し屋 [勇き光の写真家]

写し屋探しの旅は、そのまま勇き光の写真戦士探しの旅だ!

この世に写し屋が、いる限り選ばれし写真戦士は、世界中いるのだから!

彼も又その選ばれし一人か・・・・・・・

暗闇で、さまよう取材と名の付く旅を楽しんでいるようだ。

キラキラと光るその瞳は、まるで少年のように見える。。。

人との出会いを大切にしているのが、その証拠だ。

写し屋は、人の目を見てしゃべる。。。

その目を見た時この写し屋も!。。。。もしかして彼も又?

彼と夜を徘徊してた時、おもむろに。。。彼はつぶやいた。。。

「この夜なんです。。。ここの人々なんです。。。この光と闇にの中に人がいるんです。」

彼の瞳は、輝いていた。
M_1302.jpg
夜の魑魅魍魎とした大都会を・・・

うごめく人!光のシャワー!

車体は、川の流れとなり!

電車の光りは空を染め!

暖色系の光!と寒色系の光!

彼は一瞬その大都会のジャングルを見据えた。

「光の当たらない所にも人は、生きているんです。」

彼は、その瞳であのジャングルを輝かしたのだ!!!
そこには、大都会の闇に人が、生活しているからなのか。。。


過去と未来とか じゃない。現在進行形の彼だ!

私は、その瞬間、彼の瞳の輝きを増したのを見逃さなかった。

ファインダーで越しに見すえて人の瞳を輝かせる。あの技を風景でも・・・

彼は瞳を輝かさせられる!あの伝説の写真術を自らが体得していたのだ!

そのキラキラ輝いた目を見て!
彼も又「
勇き光の写真戦士」なのだと確信した。

それが、写し屋十二人目の渋谷敦志だ!

 


今夜は、特別にを大きく見たい方は~~~~!!!

続きを読むを・・GO!GO!クリック!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

1/1000の天使と悪魔を知る男 [勇き光の写真家]

TOPは「写し屋シリーズ」3枚目中~!!!

「1/1000の天使と悪魔」を知る男 

静寂のかけら。。。

カタチは物語を語り、闇は豊かな音楽を奏でる。

圧倒的な構図と露出は、そこで戦う人馬の!

‘気持ち‘を描き出す為の必然だった。。。

彼の写真本能は、無重力。。。
0V4H0619.jpg
フィールドで、躍動するカメラ!、無重力なのか?

ひょろ高い細い線の男の仕草には似つかない大きなレンズ。。。

400ミリを構え持つその仕草は、圧巻だぁ!

彼が、構える先に天馬が、走るそれを追い求める。

彼のファインダァーだけが、ゴールを知る。

彼の目には、異次元空間が、見えるそんな写真術を持つ!

亜空間を知るその男が、それを圧倒的な黒でそれを見せる。

シャードーの奥のディープシャドーがあるからこそ光の意味を描く!

その黒を知る男。。。も。。。彼もまた勇気光の写真家

若き写し屋は、繊細な黒と大胆な勝負師だった!

そう彼もまた勇気光の写真戦士だったのだ。。。

 


CAPA6月号写し屋の肖像」は、写真家「畠中良晴」氏だぁ!

PICT0213.jpg画面では、縦長です~!
写し屋もとうとう11人目だぁ~~~~!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「残像が見える写し屋」 [勇き光の写真家]

写し屋は、おもむろに飛んだ!!!

彼の若さが、成せる技なのだろうか。。。

は、「目蓋を閉じると残像が、見えると」昔、私に言った。

「彼が、私に残像を見たいですか?」と問うが如く徐に飛んだ。

決して起用では、無い彼が、言って起こした行動だ。。。

一度カメラを構えれば人が変わる。。。

彼の若さ溢れる行動力と実行力が、彼の写真なのだ!2.jpg 
彼が、写す行為!写った写真!が、物語るのだ!!!

説明も解説も言い訳もいらない写真で語るだけだ。。。

それが、「写真語」だ!それは。。。

彼が、私に写真語で語りかけた。。。瞬間だったのだ!

そういえば、写し屋は,写真語で、会話していた人種なのだった。

この若き自由快活な青年も又伝説の「写真戦士」と確信した!

十人目の「写し屋」その名は、「清水哲朗」彼だった。

彼も又「写真戦士たち」の一人だとだと。確信した!

伝説の「写真戦士」探しの旅に出て!。。。十人達と出会った物語。


 

続きを読む・・・ぼそ


勇き光の写真家 [勇き光の写真家]

陽が沈むと。。。深々と静まる時と共に。。。寒さが、凶器と化す。

雪上では、その寒さの勢いが、秒事に、恐怖にも感じだす。。。

そして!金属カメラは、一気に氷の塊と豹変した!

目の前の写し屋は、そんな事は、おくびにも見せない。。。
人差し指は、シャッターの上で、引き金を引くかの如くだ!

その時!!!

 写し屋のレンズに閃光が、走った!

その光を見た瞬間。。。私の身体に何かが、、、

何かがだ、、、聞こえたのか?。。。感じたのか?。。。

その場にいるのは、カメラを向け合う二人だけ!

雪上では、お互いのシャッター音さえも吸い取られる。。。

私は、「今の俺を撮れ!」。。。と感じた!

あれは、聞こえたのでは、無い、確かに感じたのだ!!!

写りに来た瞬間だ!」 (21:11) 630

彼が、写させに!導いたのだ

俺のシャッターチャンスを感じられたか。。。

そう問われた様な不思議な感じだ。

これが、あの噂の「レンズが、語りだす」事なのだと・・・

その時、確信した!!!

彼も又、伝説の写真家。。。「写真戦士たち」の一人なんだと!

 九人目の「写し屋」その名は、「渡部さとる」氏その人だった。

(22:30) 681


伝説の写真戦士!探しの旅に出て!。。。九人の写し屋達と出会う物語。。。

 「写真戦士たち」
       

シリーズ!!!連載中!!! 


 

 750


nice!(2)  トラックバック(1) 

光の声が、聞こえた! [勇き光の写真家]

写し屋は、うつむいていた。。。

何を考えているのだろうか。。。

後何本。。。いや何分。。。「鉄」を撮れるだろう。

太陽が、ためらい無く落ちて行く。

ホームに電車は、来ないのが、、、解りきってるだけに。

写し屋が、寂しそうに見えた。

写し屋は、夕日の落ちるのを計算していたのだ。

数分遅れたら二度と撮れない。

あの巨体が、俊敏に動いた!

夕日は、沈み、足元は、真っ暗だ!

液晶モニターの明かりを頼りに!!!

足場を決める。その時!!!

「ポジションは、ここだ!光を掴むぞ!」

あの爆音の中では、ささやき声では、聞こえるはずが、無い。
いつもの優しい口ぶりだったから。。。彼の声は、確実だ!

「それは、無言の写し屋の声なのだと一瞬で、気付いた!」

彼が、八人目の「勇き光の写真戦士」だったのだ!

的確な「決断力」と「想像力」で、光を追う。。。写真家」の成せる技だ!

そんな技を持つ写し屋!!!それが、中井精」だ。

次は、九人目の写し屋探しの旅に出る。。。ひゅ~~

続きを読む・・・ぼそ


nice!(4)  コメント(3) 

仲間を見つめる。。。写し屋。 [勇き光の写真家]

今日の走りは、どんなのだろうか?と見ているのだろうか?

あのコーナーなら、シャッター速度は、いくつで、いけるだろうか。

そんなことを考え見つめているのだろうか。。。いや違う。

金網越しに見つめる。その目は、険しい。。。そして、その目は、心配そうだ。

彼らのむき出しの体が、250キロを走る!

命を駆けて走る。彼らを心配そうに見つめる「写し屋」の目は、優しい。。。

最後まで走りぬけよ。。。と目で語っていた様に見えた。

それには、写す方にも覚悟が、必要だ。

俺が、必ずその走りをを写すから!

その金網にかけた手が、もどかしいそうだ。

西日に焼けた顔の色は、レーサー達と対等に渡り合ってる証だ!

だから!あんな写真が、写せるのだ!写真が、全てを物語っている。

「走り屋」達を見つめる。「写し屋」のその目は。仲間を見つめているのだ。。。

そんな男が、今回の写し屋「写真家 水谷たかひと」だ。

彼らが、命を賭けた走りを感じた瞬間!

普段は、険しい写し屋の目から優しい光を投げかけていた。。。

その目を見て彼も勇き光の写真戦士と知らされた。。。。

七人目の写真家」は、命の尊さを知る男だった。

※「伝説のライダー」阿部典史さんが、この日事故で亡くなられた・・

ニュースを聞いた。。。「謹んでお悔やみ申しあげます」

 


nice!(0)  コメント(0) 

写し屋は、森と同化する。 [勇き光の写真家]

写し屋は、森と同化出来るのか。。。

足を止め、振り向き様にシャッターを切る。

その姿は、野生の動物さえ解らぬはずだ。

その風貌は、只の雨具も写し屋にとってベトコンの迷彩服となる。。。

獣が、目の前を通っても気付ずくまい。

息を押し殺し只ひたすら被写体を待つ。。。

その時写し屋の目だけが、ギョロリと動いた!

被写体を見つけたのだ、私には、見えない、、、

その目は、被写体を捕らえると、発光体と化す。

動いた発光体の目を見て!!!

彼も「勇き光の戦士たち」の一人とその時、確信した。

普段の「あの優しい目」をした朴訥とした彼が・・・・

六人目の「写真家」だったのだ!

写し屋その名は、前川貴行だ!

続きを読む・・・ぼそ


nice!(0)  コメント(0) 

逆境の地に咲く花それが写し屋。 [勇き光の写真家]

砂漠を歩いていた写し屋が、突然振り向いた。。。

好奇心の強さが、彼女を振り向かせたのだろうか。。。

その目線の先になにが、写ったのだろうか。。。

写し屋の暖かい目が、鋭く見えたのは、私だけだろうか。。。

彼女には、不思議な「間力」が、ある。

感性と一括り語れない「間」の力である。「間性力」である。

その感覚は、写し屋の持つ、最大の武器の間隔となり「写真間力」と化す。。。

そして写し屋の手のカメラによってその力は写真の魔力に変わる。

彼女の写真には不思議な距離感があるのは、そのせいだ。

>彼女は、風なのかどんな壁に隔たれていても・・同じだ。

ふっとそこにいてシャッターを押す。やはり同じだ。

逆境地の一輪の花に出会ったその場でも同じだ。

相手との距離感を写し撮る「間」が、出来るからこそ!

その力を持つからこそ写し屋たる由縁だ。

だからこそ「逆境の地に咲く花 今岡昌子なのだ。

魔力の様な「写真間力」技を持つ彼女も又。。。。

7696497.jpg

「勇き光の写真戦士たち」の一人だった。。。

砂漠の地で五人目の「写真家」と出会った。。。


nice!(0)  コメント(0) 

突破力を持つ男!宮嶋茂樹氏参上 [勇き光の写真家]


写し屋の写真も彼を伝えるには、1枚では、もったいない。。。

銃弾を避けるように壁にもたれ掛かる。。。写し屋

写し屋は、孤独である。。

寂しき写し屋。。。

待つ事を楽しでいるのか。。。

只ひたすら、待ち続ける。

だから!

写し屋は、待つのか。。。

いや、待っているのでは、無い。

シャッターチャンスは、向こうからは来ない!

被写体に向かっているのだ!

それは、突破力なのだ。

写真の突破力が、彼にはあるのだ!

彼の1枚の写真での「写真突力」なのだ。

寂しき写し屋も必殺技の「突破力」を持つ「勇き光の写真戦士たち」の一人に違いない!

そして四人目人の写し屋は、写真家」に加わった。。。


続きを読む・・・ぼそ


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

その眼差しの先に何を見つめたのか! [勇き光の写真家]

舞散る雪が、時が、止めたのか・・・

一瞬で、『写し屋』は、何かを見つけたのだ。

赤い防寒着姿は、着物を着ているかのごとく。。。

雪原に佇むその姿は、小説の中の挿し絵の様だ。

その眼差しの先に『写し屋』は、何を見つけたのだ!

輝く瞳の奥に光る宝物は、『写し屋 米 美知子』のみぞ知る。。。

それが、『写し屋』の特権だ。

その目を通すと!どんな風景も。。。絵に変える。。。

その技は、舞い降る雪もメロディーに変えてしまう位だ!

瞳の奥で静かに輝く目を見てきずいた。。。

この写し屋も『 勇き光の写真家たち』の一人だと確信した。。。

三人目は、女戦士だ。。。

写真家は、何人現れるのだろう。。。

『土屋勝義のやさしすぎる目が、レンズを通すと狂気をもつ瞬間が好きである。』
つかこうへい氏

続きを読む・・・ぼそ


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

『写し屋の称号』 [勇き光の写真家]


写し屋は、『ときめきめ』の景色と出会ったその時!

その瞬間あの甘いマスクは、写し屋の形相に、変わる!

上着を投げ捨てる!その行為は、なにかの儀式のなのか。。。

自分にスイッチを入れる為の作法なのか。。。

例えるなら。。。

騎士が、マントをひるがえし相手に立ち向かう。

それだ!

一つの景色に立ち向かうには、その位の覚悟なのだ。。。

人にこびる為に撮るのでは、ない!

すべて自分が、納得する為に景色を狩りに行くのだ

何故なら。。。

彼の写真を観賞する人達が、自分の写真の先にいるからだ。

その為なのだから。

やはり!彼は、伝説の「勇き光の写真戦士」だった。

二人目の「写真家」は、「一瞬のときめきを一生と化す」技の持ち主だ!

続きを読む・・・ぼそ


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

写し屋のプライド! [勇き光の写真家]

写し屋のプライドは、高い!

彼にとって撮影時の服は、意味がある。

あえて誇示するが、如し、その風貌は、勇ましい。

ひとたび、撮影の時に身につけるものは、戦闘服とかす。

撮影に対する自尊心の裏腹だ。

それは・・・

思想や言動などに自信をもつからこそ、他からの干渉を排除する事なのだ。

自分の人格を大切にする気持ちからなのであろう。。。

それは、撮影に細心の注意を払える事にも繋がる。。。

移り込みなどをも意識しての黒だ。

そしてブランド物を身につける事によって我が身奮い立たせるのであった。

それは一生物の意味を知る者だけが、身につける権利と成す。。。

光る指輪が、『勇き光の戦士』の証である。。。。

写真家たち」探しの旅は、ここから始まった。。。
勇き」と書いて「たけきと読む。。。by つかこうへい


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
勇き光の写真家 ブログトップ