So-net無料ブログ作成

写真家になってからの道・・・「仕事と作品」 [私が、写真家になるまでの道]

作品と仕事は、別だと言う。。。

仕事がそのまま作品になるとも考えている=Tsu-

世間にさらされる写真が、その作者の作品でないわけが無い・・・

小説家は、作品が仕事。。。写真家は、作品は、仕事で無い?

写真の説明や解説写真と自分の好きな写真と違うと言う考えも確かにある。

ひとつは、作例は、作品じゃないとも考えられる。

しかし私が育ってきた環境や先人たちの写真を見て。。。

そのほとんどが、仕事の上での写真を見る。

依頼写真でもそれは言える。。。

その人の作風が、で依頼が来るからだ!

写真雑誌なら見本写真?などは、作例。。。

フッショションなら着飾った洋服。。。

商品や物撮りでも意味は同じだ。。。

それら全てその人の作風で依頼されてるはずだ・・・

もちろんプライベートで持ち出しで作品作りもあるだろう。。。

写真雑誌でも作例でも撮影者名は出る。

ファッションでも雑誌は、撮影誰々と出る。

仕事だからそれは僕の作風でないと言っても読者は、理解しない・・・

そういう写真をを撮るカメラマンと見る。。。見られる。。。

写真を見て「このカメラマンこんな写真撮るんだぁ~!」と見るだろ。。。

又、この写真誰が撮ったんだろうとも見るだろう。。。

そこが肝心要の猫灰だらけであ~る

風景写真家なども自作で作品を撮りそれを掲載して何がしとなるだろう。。。

写真展の作品が作品で?掲載するのは作品で無いと、ならない・・・

写真展の作品が、仕事になる訳で!?自分の作品は、お金もらいませんとは言わないだろう~

ブックやポートフォリオでも自分はこんな写真を撮ってます。

企業で言えば、それは、自社にはこんな商品がありますだろう。。。

ある意味写真家個人のパンフレットと同じかもしれない。。。

私ら商業写真上がりは、発表されたその全てが、私のパンフレットでもある

写し屋の肖像超時光伝は全て仕事である。

作品がそのまま仕事と成り仕事で撮影したものが、全てその写真家の作品である事実に変わりない。

「CMの写真は、言われたと~りシャッタ-を押しただけです。」は、利かない・・・

コマーシャルでラフを書かれ!その通り写真を撮ってもそれは発表されれば、写真家の作品である。。。

CMやポスターなどそんな名作は沢山ある。。。

人に言われないで自分の意思だけで撮るのが!作品なのか?

それが売れれば良い!?それも仕事だろう。。。

小説などは、作品を書いて売っている!?

卵が先か?鳥が先か?と同じか????

仕事だからページを埋めてくれる写真、ならば!?・・・は、その人でなくても良いに成りかねない・・・

だから世に出る写真は、自分らしい写真を責任持って人様に見せるなのだ~~~!!!


プロカメラマンは、お金を稼ぎたいわけで!?写真が、お仕事なので。。。

アマチァとプロの違いは、そこにある。好きな写真だけ撮ってお金にならないでは、成立しない。

作品の意味は、自分の好きな写真だけでないプロは、自分の撮ってる写真が全て作品なのだ~~~!!!

しかし好きな写真で人に納得してもらえた時の嬉しさは、プロもアマも同じなのだ~~~!!!

 

 今までの写真家になってからの道シリーズは、↓

写真家になる迄での道!~なってからの道は!」、思いついたまま勢いで一筆書きで書いてますので・・・
誤字脱字、、は、ご想像でお読みくださませ。。。Tsu-

デジカメWatchに私の写真家になるまでの一代記も出てます!

 

「写真家になってからの道」・・・私に出来る努力は、藁に縋るようなものだ・・・

二桁睡眠な訳!?

写真家になってからの道・・・

「一生涯写真馬鹿。。。」

写真の技術で無い写真!土屋だからの写真!

史上最大のミッション!!!

写真家になってからの道!・・・CP+までの道特別編 

写真家になってからの道。。。。第二から第三のシャッターチャンス... 

写真家になって!?・・・四半世紀!? 

もしも写真家にドラフトがあったのなら!!! 

「正論と言う名の言い分」・言葉の裏には意味がある。。。写真家になってからの道! 

「写真家になるまでの道」先輩と後輩。。。 

写真家になるまでの道。。。現在進行形! 

EOS Mとイチロー移籍! 

単玉50ミリレンズの乞うよう!

[写真家たちになるまでの道&なってからの道。。。」 

「なぜ結婚していないか。。。」バレンタイン編

写真家になってからの道CP+編2012 

写真家になってからの道・・・ある日のスタジオ撮影。。。

写真家になってからの道。。。比較優位

写真家たちになる道&なってからの道。。。2011/12

写真展までの道。。。セレクト編

今週開幕写真展第二段!

実録・「つかこうへいが逝く」 一周忌・・・

写真家になるまでの道のり前編・・・ 

写真展までの道・・・一ヶ月前編

写真家になるまでの道・・・六本木スタジオ編!

写真家になってからの道・・・CP+偏

写真家になってからの道・・・就活偏
 

私が写真家になってからの道・・・プロになって上達する!

写真家になってからの道・・・実録・「つかこうへいが逝く」

写真家になってからの道・・・失敗編! 

私が、写真家になってからの道・・・今求められる者 

私が写真家になってからの道・・・写真教室エピソード2

私が写真家になってからの道・・・写真教室エピソード1

私が写真家になってからの道・・・デジタルとの出会い編

私が写真家になってからの道・・・オープニングパーティー編

私が写真家になってからの道。。。。写真展初個展編

私が、写真家になってからの道・・・人脈編

私が、写真家になってからの道・・・ヌード撮影編

私が、写真家になってからの道・・・仕事始め編 

私が、写真家になってからの道・・・飛び込み売り込み編

私が、写真家になってからの道・・・独立直後編

私が、写真家になる迄の道・・・・・・・・・外伝!?

私が、写真家になる迄・・・篠山からの独立編 

私が、写真家になる迄・・・篠山助手チーフ編 

私が、写真家になる迄・・篠山助手セカンド編 

私が、写真家になる迄・・・篠山弟子入り・・編

私が、写真家になる迄・・・スタジオマン・・後編

私が、写真家になる迄・・・スタジオマン・・前編

私が、写真家になる迄。。。(大学編・・後編)

私が、写真家になる迄。。。(大学編・・・前編)

私が、写真家になる迄。。。(中学・高校編)


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 1

NOMi Koichi

自分がシャッターを押した写真に対してはすべて自分が責任を持つべきだと考へてゐます。
撮影地もライティングもモデルもヘアメイクの手配もすべて自分でおこなつた写真も、街の撮影会に出かけて行つてそこで出会つたモデルさんを撮つた写真も、すべてです。
私にはそれらの間に境も段差もありません。
どんなへつぽこ写真でも、シャッターを押したからこそこの世に写真として存在することになつたわけですから、撮影者が責任を持つのは当然なのですね。

それは他人の撮影行動を見る時も同じです。要は、撮るといふ行為に対してどこまで誠実でゐられるかといふことなのですね。最近そんなことをしみじみ考へました。

ところが世には困つた例外がまれにですがゐて、他人の撮影行動について「自分で段取りを組んだのなら立派だが、撮影会なんかは人に組んでもらつてゐるのだから大したことはない」などと言ふ人が出て来ました。非常に残念です。一見「お仕着せ」の撮影会であつても「念」を込めてシャッターを押してゐる人間はたくさんゐます。しかし、見えない人には見えないのですね。ちよつと悲しいです。

Tsu-先生の「「CMの写真は、言われたと~りシャッタ-を押しただけです。」は、利かない・・・」」とはちよつと事情が異なりますが(なんせ当方アマチュアなので)、心ある者は自分の押したシャッターについては何がしか「責任」について考へてゐるものだし、またさういふ見方を他者にもするし、さらにそれが他者へのリスペクトにもなるといふことを知つてゐる……そんなことを実感するよい機会が最近あつたものですから、調子に乗つて長々と書いてしまひました。
お目汚し申し訳ありません。
by NOMi Koichi (2013-05-15 02:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 9