So-net無料ブログ作成

畠中良晴 写真展 「夢を駆ける瞬間(とき)」  [Tsu-の写真展拝見日記・・]

只今生還・・(0:27)

まずは、トンボ日記をご参照下さい・・・
        ↑
トンボさんの日記が、何故?トンボなのか?を知りたい人は!今日知った人がいた、、、、ぼそ

と言うことで、新宿にて写真展会場で出会う~
mr_hatanaka0906.jpg
夢を駆ける瞬間(とき)」に行く~~~~!!!
R0011931.jpgちょっとアンダー目の方を選択・・・(撮影:田中博)
写し屋のホープ畠中良晴氏とパシャり!

0V4H0515a-41.jpg
彼の勝負服!黒です。。。。渋いです。

黒の中に深い黒がある。。。

シャドーの中にディープシャドーが、ある。。。そうディープインパクトの如く。。。

写し屋は、二つの顔持つ! 
写し屋は、被写体の現場に立つ!
ただらぬ黒さを知る男 
     ↑
私のBlogでもご登場頂いた!

今回のその黒い被写体の馬達が光り写真展示会場が駆け巡る!!!

限られた被写体を単調なスペースでその配置は、組み写真の醍醐味でもある。
彼の1:9の大胆な構図など!彼にしかない構図である。。。
競馬ファンならずともその馬への写真の取り組みは、必見である

見ごたえ十分の新宿で競馬を見よ~
 ↓!
会場
コニカミノルタプラザ ギャラリーB
(東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F)

会 期  : 2009年6月9日(火)~18日(木)
時 間  : 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
休館日 : 会期中無休
料金  :  無料
問い合わせ

コニカミノルタプラザ(TEL 03-3225-5001)
http://konicaminolta.jp/plaza/



してテクテク[くつ]地下道を歩いて。。。。


モノリスビルを目指す・・・地獄の講習会であ~る[がく~(落胆した顔)]
ズイコーアカデミーテクニック講座
本日は、最終日今回のコースは、写真展をは編んだりして随分皆!
楽しんでくれた見たいだぁ~私のポートレート写真への取り組み方が!
なんとなく伝わった気がする。。。。

皆と一緒に写真展通して!人物写真の醍醐味を私も体験したような感じだぁ~
皆が最初の一時間から二時間と時間の立つ事でリアルに写真を感じてくれる!

その時の様子のオリンパスブログ!
その時に様子の土屋ブログ!

それダイレクトに感じる。。。

写真を撮ると言う行為!アマチァだから?お気軽にお手軽にでも構わない。。。

一瞬を永遠の微笑として絵に残せれば、それには、アマもプロも無い。。。

皆と体験する事で私も成長しているのかもしれない。。。。たぶん、、きっと、、だといいな?

一人一人の個性が、見えてきた事が、嬉しい。。。
飴玉を貰うコンテストではない。。。。しかし飴玉がほしい。。。。

なぜ?写真は、人に見せるものだから!

人に見せる手段が写真と言う行為だから。

それを知った物は、強い!写真展などは、それの最たるものだぁ!
今回の5回コース千秋楽~~~!!!

次回に大きく期待の出切る皆さんでした~~~!

お疲れ様でした!!!!!

次回は9月の3回コース。。。だぁ~

お約束の記念写真は、下いつもより余計に回しております!
   ↓

 

R0011947.jpg
私は、微動だにせず・・・・

皆写真を真剣に楽しんでほしい!!!
私も真剣に皆と楽しみたい!!!

 

して裏日記に続く・・・・


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 10

47th

Tsu-先生、松本さん、受講生の皆さん、おつかれさまでした。そして、本当にありがとうございました。

課題の反省文(?)は、おってブログ上で提出しますが、今回の講座で人を撮るということのダイナミックさを知ることができました。
あめ玉は1回目の方がもらえましたが、ファインダーを覗いている時の充実感や選ぶときの意識は2回目の方が確実に手応えがありました。
9月が待ち遠しくて仕方ありませんが、とりあえず、ファインダーを覗きながら会話をしてシャッターを切る練習をしておきます。



by 47th (2009-06-10 03:15) 

kiyo

Tsu-先生、
松本社長さま、
みなさま、
お疲れ様でした。

今回は、初めて、A3ノビという大きなサイズに印刷して行きました。このサイズですと、持ち運びにも大変ですが、A4とは違って、迫力のある、印象深い作品を作成できます。その分、皆さんの細部まで見通しての、厳しい批評も甘んじて受ける訳ですが、満足感もひとしおです。

1回目、2回目と、追い込んでいきましたが、講評の結果がどうであれ、今回、自分の決めたテーマである「魅力を引き出す」ことの一端ができていれば、何よりと思いました。

今回、あえて、真っ正面からモデルさんを撮ると決めて、逃げずに、モデルさんの魅力を出すためにも、アップ目の写真ばかりを使用しています。

その上で、Tsu-先生に、どう追い込んでいけばよいかの道しるべを頂いたと思います。

色づかい、背景処理、背景の色処理、飛ばし方、飛ばしたモノからの戻し方を、勉強になったと思います。

次回は、構図と、バランス、動と静の中の止めを目指したいと思います。
撮るときの遊びが足りないことも、気になっています。

ありがとうございました。

なお、近々に、blogの方に、写真を載せていく予定です。
by kiyo (2009-06-10 03:41) 

小春

土屋先生、このたびの講座、大変充実した内容と先生の熱意、とても楽しむことができました。
どうもありがとうございました。

自分にポートレートが撮れるのかなと不安に思いながらの参加でしたが、
先生の熱血指導、参加されたみなさまのアドバイス、モデルさんがとても頑張ってくださったこと、たくさん助けていただきました。

ポートレート撮影にはまりましたぁ。9月にまた是非参加したい!
本当にありがとうございました。
by 小春 (2009-06-10 07:01) 

舞珍

Tsu-先生、
松本社長さま、
参加者の皆さま、

本当に楽しい時間をありがとうございました。

楽しみながら、プレッシャーを感じ、1枚を選ぶ苦しみを味わい、先生や仲間から、自分の写真に対していろいろな意見が聞ける、こんなに充実感を味わえる講座だとは思ってもみませんでした。

写真を撮りながら、追い込むという感覚を初めて味わうことができました。だから、次の3回講座も申し込んでしまいました。

次回は、トリミングしなくても提出できる写真を目指します。
抽選に受かるといいけどぉ・・・・


by 舞珍 (2009-06-10 17:43) 

ネギ

土屋先生、松本様、皆様
お疲れ様でした

カメラマンは孤独だって思ってた私も
僅か5回の講習ですが、
皆様と一緒いて色々見て勉強になって充実した時間を過せて楽しかったです。

撮るだけでも難しいのに
決められたルールの中で見せ方をさらに工夫しないといけない事
プリントして見せるまでが気を抜けないですねー
正直プリンターという悩みの種が増えましたorz
自分のセンスにも凹みました(ノ_<。)うっうっうっ
でも妙に闘争心掻き立てられますwwww

また次回チャレンジできたら宜しくお願い致します。
by ネギ (2009-06-10 21:23) 

fuu

土屋先生、松本様、参加者の皆様お疲れさまでした。
2回目はアメもらえなかったので;;
夏の間にたくさん練習して(修行をして)
次回またがんばりたいと思います。
へこんだり、考え込んだりイロイロありますが
結局やっぱり楽しいんですよね~、やめられません♪
充実した時間をありがとうございました。
by fuu (2009-06-10 22:44) 

acchin88

Tsu-先生、松本様、参加者の皆様、昨晩はお疲れ様でした。
今回は、撮影時のモデルさんとのコミュニケーションの大切さ、
そして作品選択の厳しさや責任。身に付きましたと胸を張っては
言えないけれど、その二点がいかに大切かという事はしっかり頭に。
それ以外にも沢山あったと思いますが、
自分にはこの二点がずーんと脳裏に。
分かったと、実践出来るという事はまた別なので。
撮影する機会に思い出し、出来る範囲で実践し、徐々に身に着けて
行きたいです。
また自分が変な方向に突っ走らない様、
(可能であれば)秋の講座で再確認し、
少しずつ前に進めればなぁと思います。

写真展、楽しみにしております!
これからもどうぞ、宜しくお願い致します♪

by acchin88 (2009-06-10 23:40) 

yama

土屋先生、松本様、参加者の皆様、お疲れさまでした。
5回講座は3回とはまた別の充実感があって
楽しかったです。
次回参加する時には、一皮むけた感じの写真が撮れればいいな・・と思います。


by yama (2009-06-10 23:50) 

ミネティ

Tsu-先生、松本社長、参加の皆様。お疲れ様でした。

今回、お陰様で皆様に気に入ってもらえる写真を提出することが出来ました。
広角気味で、背景も生かした作品づくりに心がけ、
望遠、アップ、目線に頼らない作品で評価していただけた事は、
自信につながりそうです。

次なる課題は、囲み撮影では無いところ、自分のイメージしたところに
モデルさんを誘導した作品作りや、撮影会開始早々にトップギアまで
テンションをあげられるようにするなど、まだまだ先が続きそうです。

また機会がありましたら、よろしくお願いします!!
by ミネティ (2009-06-11 02:35) 

マツモト

オリンパスの方々 参加者の方々 土屋君(愛情を込めて君呼びです)
美音・あみがお世話になり本当にありがとうございました

おかげさまで二人にとって楽しい そして貴重な体験となった事
あらためて御礼申し上げます

それから 私も講評会におじゃまし
皆様の熱い気持ち 子供の頃のような楽しい笑顔に接することができ
ハッピーな気持ちにさせていただき
これまた ありがとうございました

もう一つ 皆様の素敵な写真をたくさん頂戴し
これは彼女達が喜ぶだけでなく
事務所としても貴重な財産となりました

皆様の写真を彼女達のブックに収め オーディションに臨み
CMやスチール等で活躍できた時に
初めて 皆様への恩返しができるものと考え
事務所としても これから頑張って行く所存です

なお 滝沢カレンは土屋君の写真のおかげで
オーディション・面接無しで
某化粧品会社様との年間契約が結べ
8月からはブランドの新しい顔として
活躍することが決まりました

写真の力って本当に大きいですね!!!
土屋先生 ありがとうございました(こう言う時だけ先生です!?)

皆様 本当にありがとうございました
これからもよろしくお願いいたします


by マツモト (2009-06-11 13:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0