So-net無料ブログ作成
検索選択

私が、写真家になるまで・・・篠山助手チーフ編 [私が、写真家になるまでの道]

私が、写真家になるまで・・篠山助手セカンド編 の続き・・ 

1年半が起ち。。。あっという間にチーフになってしまった!
上二人さんは、下済みが、ながかったから!?
チーフになったら!すたこら?独立ところてん方式で!
私は、1年半でチーフと!?のし上がってしまったぁ~!?

下二人は、六本木スタジオ出身と赤坂スタジオ出身の子が、それぞれついた。。。
出来の良いスタジオ上がり二人が後釜で、スムーズ行く事を望む!

篠山の所に来てスタッフの充実度を思い知る。
良いものを知る目を養え。

二番目しか知らないとトップを知らない事になる。。。

二番目が、最高の出来で覚えると?
世間で何がトップか?を知らない事になる。

なぜ?モナリザが、評価されたのか?に通じるのかもしれない。。。。

人脈もこの時期に色々顔を知る。。。又覚えてもらう

篠山の事務所を経験したととなると!
十分な判断力を身に付けた判断されると所先輩達が、実積を築いてくれたのだ!

編集者なども篠山クラスは、編象長付きである。。

実は、この会食のお供や送り迎えで顔を覚えてくれたのである。
この世代では、いけないレストランとお供する事が、食事のマナーなど覚えさせてもらった。。
篠山は、自分らは将来カメラマンとしてこうした所で会食するのだから。。。
お前らがその時まごまごしてたら恥ずかしいだろう。。。
写真の事は、技術的に助手レベル。助手はラベルである。

この会話や食事のマナーが、その人の育ちが解る。
築地で親に育てられたが、写真界で篠山と言う親に育てられた
。。。
のだから恥ずかしい事は、するな!・・・と言う意味にも通じる

この人に委ねて良いのか?
写真の技術などほぼ皆プロのレベルは、同じだ。。。

この人に写真を撮らせたら?どうなる感!が、ウェートが、大だぁ~
見えないものを作るのだから?

車の中の会話や撮影前後の会話が意味を成す。。。である。

いかにそこでの打ち合わせ食事での会話が、ウェートを置くのかを身体で知るのだぁ~
大御所と言われる人が、そこまでやったら適わないだろう。。。
スタッフも大御所だ。。。
田中一光さん・K2の長友啓典さん・見城徹さんetc.(独立編に大きくかかわる)

この人達と篠山の会話を聞かせて頂いた事が、財産なのかもしれない。。。
家庭画法・GORO・CanCan・各歴代編集長。。。etc.
数えたら切が無い。。。

私らは、そのまま篠山仕事のウェートの重さを肌身で知る。。。

東京ドームこけら落とし美空ひばりコンサート本人から以来撮影など・・・

篠山は、三原山の大噴火をへリコプターで撮影している。。。
ちょうどその時東京中をヘリで撮影していた!。。。それいけ!である。
写真の運があるのかもしれない。。。。


そうこうして昭和も終わる大事件。。。天皇崩御と時代は、動く。。。

大葬の礼の事である。。。。あの戒厳令の東京出の事。。。

当然そんな大事件人生の中で最初で最後だその撮影をする訳だ!

いよいよそのが、目の前にあれ割れた。。。シャッターが、切り続けられる!

サードが、フィルムチェンジ・・・・そこで、、、スイマセン1ロール・・・

巻き上げ途中裏ブラ空けてしまったのだ・・・・・・・・
直ぐ閉じたから巻き上げしてた所は、助かり空けた部分の数カットは、感光してるはずだ
どのカットが、感光したかは、現像上がりまでわからない・・・

まずサードが、チーフの私に報告、、、取り直しは、聞かない。。。
これこれこうした事で、一部感光させてしまった事実をサードと私で、頭を下げる。。。

その時の篠山に怒られる事は、覚悟、、、当然だぁ~
その場で報告したら・・・

篠山=「お前らも緊張してたんだな」。。。
篠山=「普段そんな失敗しないもんな、おまえら」

攻めるのでなく「俺も緊張した」と言う意味を言ったのだ。。。
それ以上は、攻めも叱りもしたかった。。。
事実を隠さず私に知らせてくれて、ありがとう。。。と言う事だ。。。

仕事なので一番の責任は、カメラマン本人篠山自信が把握して無いと、いけない・・・

だから「その代わり、正直に言ってくれ。」。。責任は、俺が、かぶる。

現像は、テストシーンのカットだけ感光で、、事無き・・を得た。。。

篠山とこうした体験とその助手を潰さずに育てる意味を知った。。。


いよいよ私が、写真家になるまで・・

篠山事務所独立編!に続く・・

私は、上三人とその又上の先輩方に比べ、、、

歴代でワーストに入る出来の悪い助手だったのかもしれない。。。

しかし歴代の中で、皆に一番面倒を見てもらえたのかもしれない。。。

可愛がられたのかもしれない。。。

いよいよ!いかに!独立するか?と独立編へと続く・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。